表示すべき新着情報はありません。
COUNTER657841
平成29年6月スタート
 


 

家庭教育応援ナビ

新しい学習指導要領

【所在地】
古河市立下大野小学校
〒306-0204
茨城県古河市下大野734の2
TEL 0280-92-0004
 

日誌

校長室から
2021/05/11

連休明け 靴を整え 心も整え

| by 管理者
        新年度を迎え、慌ただしく過ぎた4月。ゴールデンウィークの連休で初めてほっと一息つけた子供たちも多かったことでしょう。連休が明け、登校を拒む児童がいないか心配していましたが、昨日・今日と元気な笑顔が見られて安心しました。
 本日、何気なく校舎内を歩いていたら、昇降口の靴に目がとまりました。かかとがきちんとそろえられ、とても気持ちがよくなりました。靴が整っていることで、心も整った感じを受けました。このように、児童を取り巻く環境を少しでも整えていくことで、下大野小学校の子供たちみんなの心が、まっすぐ清らかに整っていくことにつながると考えます。今後もこのような場面を見つけて、たくさんほめてあげたいと思います。
12:11
2021/04/30

GWです 心も体もリラックス&リフレッシュ

| by 管理者
 本日で4月が終了します。新しい環境となってスタートした新年度、子供たちなりにだいぶ緊張した時間を過ごしたことでしょう。明日からの5連休で、家族の皆さんとの時間をゆっくり過ごし、心も体もリラックス&リフレッシュしてほしいと思います。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大市町村に指定され、変異株も広がっている現状を考えると、不要不急の外出は難しいでしょうから、保護者の方もお子さんとたくさん会話し、ゆっくりベタベタするゴールデンウィークにしてみてはいかがでしょう。
 私は、3人の子供たちみんな成人していてベタベタできないので、わんちゃんと遊んだり、家の雑草撲滅作戦を実行したりして過ごせればと考えています。
17:15
2021/04/26

授業参観実施

| by 管理者
                    本日から3日間に分けて、授業参観を行います。コロナ渦とはいえ、学校でのお子さんの様子が全く分からず、不安な気持ちになられている保護者の方も多いと察します。本日は、フロアの違う2年生と5年生の1組を2時間目、2組を3時間目に行い、20分ずつ前半と後半に分けて参観していただきました。また、保護者の方には児童との接触を避けるため、校舎の東側入り口から入場いただき、健康チェックカードを提出した後、東階段を使用して教室まで行っていただきました。廊下から授業の様子をご覧いただく形ではありますが、2年生の保護者の方は、「昨年の入学式以来の来校で、初めて学校での様子が見られてよかったです。」とおっしゃっていました。
 本来なら、お子さんのそばでじっくり授業の様子を参観していただき、懇談会で様々なご意見を伺いたいところですが、感染症対策を重視すると、この形での参観となってしまうこと、どうかご了承いただきたいと存じます。
 明日は1年生と4年生。明後日は3年生と6年生を予定しています。
15:27
2021/04/21

1年生と2年生の交流活動を見て

| by 管理者

 本日2校時目。校庭かのあちらこちらから、楽しそうな笑い声が聞こえてきました。のぞいてみると、1年生と2年生がグループごとに鬼ごっこや鉄棒、ブランコなどで交流していました。1年生は入学して2週間。一番年の近いお兄さんお姉さんと遊べて、みんな笑顔いっぱいでした。2年生は初めての後輩を前に、急に大人っぽくなったようでした。これから5年間。この仲間達はずっとこの学校で生活していきます。いつまでも、この「花と太陽のような笑顔」を絶やさないようにと願うばかりです。
(やっと写真が入るようになりました!)
10:22
2021/04/20

感染拡大市への指定

| by 管理者
 昨日の茨城県知事会見で、新型コロナウイルス感染症の「感染拡大6市町村」として、古河市が指定されました。期間は4月22日から5月5日までの2週間です。特に、古河市においても変異種による感染の割合が5割に近づき、学校においても感染拡大防止対策を再度徹底していく所存です。
 手洗いや手指のアルコール消毒の徹底、マスクの常時着用、人と人との間隔を開ける、前向きでの黙食、昇降口での密を避けるため休み時間や下校の時刻をずらすなど、今後も対策を徹底してきます。
 「笑顔が一番!」を合い言葉にスタートした令和3年度です。このような状況の中でも子供達の「笑顔」になれる場面を常に模索しながら、教育活動に当たっていきます。ご家庭においても、感染拡大防止に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。
17:42
2021/04/16

新学年もスムーズに

| by 管理者
 新年度が始まって2週目。子供たちも新しい環境にだいぶ慣れたようで、どの教室にも笑顔と真剣な表情があふれています。コロナ渦の1年間を経験し、日常の「当たり前」がとても貴重なものと実感した学校生活。今年度のスタートは不安も多くありましたが、順調に始動できたことが、校長としても大変嬉しく思います。とはいえ、環境の変化は大人でも多くのストレスがかかるものですから、子供たちはさらに精神的にも疲れが出る頃でしょう。休日はゆっくり休養させて学校の出来事などをご家庭の方が聴いてあげてください。
 学校での生活は、子供たちの「輝く笑顔」のため、教職員一丸となって最善を尽くして参ります。各ご家庭と綿密に連携を図りながら、よりよいお子様達の成長に向けてこれからもよろしくお願いいたします。
11:07
2021/04/08

49名の新入生を迎えて

| by 管理者
 4月7日。うららかな春のよき日。入学式を挙行しました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在校生は似顔絵で参加し、ご家庭の方々も2名までと制限を設け、時間を短縮しての実施としました。
 ピカピカの新入生49名は、緊張しながらも立派な態度で式に臨み、担任の先生から名前を呼ばれると、大きな声で返事をすることができました。
 これで令和3年度下大野小学校児童316名全員がそろいました。34名の教職員と併せて350名。本当の旅立ちです。「一人一人が輝く下大野小学校」にするため、「笑顔が一番」でスタートします。
17:04
2021/04/08

新年度を迎えて

| by 管理者
 令和3年度がスタートしました。
 昨年度は、新型コロナウイルスに翻弄された1年間となってしました。それまでの「当たり前」だった学校生活が一変し、感染防止対策として様々な制限が余儀なくされました。様々な行事が中止や規模縮小となり、保護者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしました。今年度は、一日も早くコロナ渦から脱却し、子供たちが元気いっぱい・笑顔いっぱいに思い切り活動できる日が来てくれることを願うばかりです。
 4月6日。下大野小学校に子供たちの笑顔が戻って参りました。マスク越しではありますが、新しい学年、教室、担任、友達との生活を心待ちにしていた気持ちが伝わってきました。このワクワク感が、日を増すごとに膨らみ、学校全体に笑顔の花が咲き誇るよう「笑顔が一番」を合い言葉に、教職員一同心を込めて教育活動に当たっていく所存です。
 保護者の皆様、地域の皆様には、今年度も温かいご支援とご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。
08:45
2021/03/24

修了式

| by 管理者
 おはようございます。
 先ほど、各クラスを回って修了証を渡しました。皆さん、とっても立派に成長しましたね。1年前は、学校はお休みでした。校長先生は、「これから学校はどうなってしまうんだろう?」と心配や不安な気持ちにもなってしまいました。でも、学校が再開されると、皆さんは、思うようにできないことがあっても、元気に、笑顔いっぱいに頑張って、たくさんの思い出をつくることができました。皆さんの頑張りへのごほうびなのでしょうか、1年前にはお休みで皆さんに観てもらえなかった桜や花桃が、とってもきれいに咲いています。
 この大変な1年間を楽しく過ごすことができたのは、皆さんが友達と協力しながら、一つ一つの壁を乗り越えてきたからです。人間が一人でできることなんて、そんなにはたくさんありません。でも、友達と協力したり、励まし合っていくことで、人間は持っている力の2倍、3倍の力を発揮することができます。そして、一人でいるよりも2倍、3倍の喜びを味わうことができます。これからも、新しい学年で、友だちと仲良くしながら、もっともっと楽しい下大野小学校をつくっていってください。
 よろしくお願いします。
11:23
2021/03/19

卒業式 式辞

| by 管理者
 式辞
 校庭の花々が、春の光に包まれ、皆さんの旅立ちをお祝いするかのように鮮やかに咲いています。
 五十六名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。この春の佳き日に、保護者の皆様とともに、下大野小学校第七十四回の卒業証書授与式を行えますことを、心から嬉しく思います。
 先ほど、一人一人に卒業証書をお渡ししました。皆さん、とってもいい表情をしています。真新しい制服もとてもよく似合っています。「キラキラと輝いて」というのは、たくさんの思い出と中学校生活への希望を胸にした、まさに今の皆さんの姿を言い表しているのでしょう。。

 思えば、皆さんは、感染症が拡大し、普段通りの授業が行えず、学校行事が次々に延期や中止になっても、決して笑顔を忘れることなく、今できることに一生懸命に取り組んできました。スポーツフェスティバルでは、十分な練習ができない中でも、下級生の面倒を見ながら、精一杯の演技を見せてくれました。「コロナ禍でもこれだけのことができるんだ」と、観ている者に大きな感動を与えてくれました。多くの活動が制限された授業でも、宿泊できなかった修学旅行でも、皆さんは不平不満を言うことなく、様々な感染症対策を工夫し、できることを思いっきり楽しんで、たくさんの思い出をつくってきました。「どんな状況でも前を向いて…」、言うほど簡単ではありません。でも、皆さんは、今、この時まで、いつも前を向いて歩みを進めてきました。その姿はいつも輝いていました。その歩みは、下大野小学校の新たな伝統の一ページとして、下級生に受け継がれていくことでしょう。

 さて、今日の卒業式は、今、皆さんの目の前に座っているお家の方々が、一番喜んでいることでしょう。皆さんがこんなにも立派に育つまでには、たくさんの喜びと、また、同じくらいたくさんの心配や苦労があったことでしょう。この十二年間の様々な場面を思い浮かべてみてください。皆さんのそばには、いつも温かい眼差しで見守ってくれていたお家の方がいたはずです。今、皆さんの成長した姿を見て、感動で胸がいっぱいなのではないでしょうか。お家に帰ったら、ぜひ「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてください。

 また、この六年間、皆さん一人ひとりに寄り添い続けた先生たちも、皆さんの旅立ちを喜びと寂しさとで胸を熱くしています。毎日の授業、運動会、下大野小祭りを始めとする学校行事、一緒に遊んだこと、思い出を挙げればきりがありません。泣いたり、笑ったり、時には厳しくしかったこともありましたが、先生たちはいつも、皆さんの可能性を信じて全力で支え続けてきました。その思いに皆さんは見事に応え、とくにこの一年間は、最高学年としての責任を立派に果たしてきました。卒業しても、先生たちはずっと皆さんを応援し続けています。

 そして、今この会場に座っている六年間をともにした仲間たち。小学校の仲間は皆さんにとって生涯の宝となります。自然災害や感染症など、これからは困難な時代を逞しく生き抜く力が求められます。しかし、人間が一人でできることには限りがあります。でも、感染症に負けず、仲間とともにたくさんの思い出をつくってきた皆さんなら、協力し合い、励まし合って、持てる力の何倍もの力を発揮することができるはずです。小学校での仲間、これから出会うであろう仲間を大切にして、力強く人生を歩んで欲しいと思います。

 保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。そして、1年間思うように学校に来ていただくことができなかったにもかかわらず、温かく見守ってくださったことに心より感謝申し上げます。これから子どもたちは、中学校という新しいステージで、様々な困難に出会い、迷ったり、挫けそうになったりすることもあるかと思います。どうぞ、これまで通り温かく子どもたちを見守り、励ましていただきたいと思います。子どもたちにとっては、何よりも励みになることでしょう。

 最後になりますが、下大野小学校卒業生の今後の益々の成長とご活躍を願い、式辞といたします。

 令和三年三月十九日
                    古河市立下大野小学校長  矢嶋 正之

13:19
2021/03/10

謝恩式 お礼の言葉

| by 管理者
 卒業に向けて忙しい中、こんなきれいな飾り付けやメッセージやお花のプレゼントまで用意して謝恩式を開いてくれて、本当にありがとうございました。みなさんの卒業を心からお祝いしてくれている先生方がたくさんいますが、校長先生が代表してお礼を言わせてもらいます。卒業まで残り少なくなりましたが、先生方とはあとでたっぷりとお話ししてください。
 ただいま皆さんの代表から温かな言葉をいただきました。胸が一杯になりました。でも、「先生方は私たちのことを一番に考えて・・・」というところは、逆に先生が皆さんに感謝しなければならないことかなと感じました。卒業の年のスタートから2ヶ月も休校となり、校長先生はとっても不安になりました。やはり卒業生を持つ親としても、学校行事が延期され、修学旅行がなくなり、がっかりしている子ども達を見て絶望的な気持ちにもなりました。でも、先の見通しが立たない中で学校がスタートすると、皆さんは、できないこと、不自由なことに不平不満を言うのではなく、明るく元気に、今できること一つ一つに一生懸命に取り組んでくれました。その姿があまりにも素晴らしかったからこそ、先生たちも皆さんに負けてはいられない、アイデアを出し合ってできることを精一杯やろう、と思うことができたのです。皆さんからパワーをいただいたのです。その一つであるスポーツフェスティバルで、1年生の世話をしながら元気いっぱいに競技する皆さんの姿は本当に感動的でした。お家の方々も同じ思いだったと思います。下大野小学校を代表する立派な6年生でした。
 今皆さんがプレゼントしてくれた歌詞にもありますが、今後皆さんはそれぞれの道を歩いて行きます。でも、歩み続けていれば、その先の未来で出会うことがあるでしょう。小学校時代の友達は、辛いことがあっても、嬉しいことがあっても、ともに喜び、励まし合える友達です。たくさんの困難を笑顔で乗り越えてきた皆さんです。今後のステージでも、笑顔で、元気いっぱいに頑張ってください。応援しています。
13:42
2021/02/09

参加しないという協力

| by 管理者
 予定通りであれば、本日から1週間、今年度最初で最後の授業参観を行う予定でしたが、県の緊急事態宣言の延長を受けて中止とさせていただきました。学級ごとに分散して体育館や多目的ホールで感染症対策をしながら行おうとギリギリまで粘りましたが、宣言が延長されるほど医療現場の方々がご苦労なさっている現状を考えると中止せざるをえません。判断が遅れてしまい、ご迷惑をおかけしました。
 コロナ禍での学校生活は、子ども達も大変でしたが、保護者の皆様にもたくさんの我慢を強いるものとなってしまいました。かろうじて卒業生の保護者の皆様にはスポーツフェスティバルを、他の学年は持久走大会を公開できましたが、子ども達の授業の様子を観ていただく機会はとうとう一度も持つことができませんでした。参加しないという形で学校に協力いただき、それでも温かく見守ってくださいました保護者や地域の皆様には感謝の気持ちで一杯です。
 まだまだ先行きが見通せませんが、次年度は、この1年間の経験を生かして万全の対策と工夫を凝らして、少しずつ保護者や地域の皆様との交流を取り戻していけるよう努力してまいります。今年度も残すところ少なくなりましたが、子ども達の様子はブログをさらに充実させてお伝えしたいと思いますので、よろしくお願いします。

*コロナ禍でも子ども達は明るく元気に頑張っています。ご覧頂きたかったです・・・。

22:38
2021/01/13

新年のあいさつ

| by 管理者
 「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」 寒い朝でしたが、元気にあいさつしてくれるお友達がたくさんいて、とっても嬉しく思いました。
 今年はいつもと違うお正月となってしまいましたが、初もうでには行きましたか? 何かお願い事はしましたか? お友達の発表にもあったように、新しい目標をもって新年を迎えた人もたくさんいると思います。「よ~し、やるぞ!」という今の気持ちを忘れずに、一日一日を大切に過ごしていくことで、心も体も大きく成長していきます。まだ決めていない人も、何か一つ目標を持ってみましょう。
 さて、年が明けても新型コロナウイルスの勢いはますます強くなっています。でも、私達は、去年の経験からたくさんのことを学びました。もちろん、コロナウイルスはとても怖いものです。今年も、うがい手洗いを始め、対策は徹底していきましょう。その上で、普通の学校生活を取り戻すために、みんなでアイデアを出し合いながら、工夫を重ねていきましょう。私達にはたくさんの仲間がいます。みんなで協力して、コロナなんかに負けずに楽しい学校生活を送りましょう。

*子ども達の歓声が戻ってきました。コロナに負けずに頑張ります。

10:12
2020/12/24

冬休みを前に

| by 管理者
 おはようございます。今年も残すところあと1週間となりました。
 令和2年度は、4月、5月と学校がお休みとなるというスタートでした。学校が始まってからも、色々な行事が中止や延期になり、コロナウイルス感染対策のためにできなくなってしまったことがたくさんありました。いつもと同じ学校生活が送れないという、不安がいっぱいのスタートでしたが、みんなとお家の方と先生たちでアイデアを出し合い、協力して、少しずつできることが増えてきました。お友達の発表にあったスポーツフェスティバルも、みんなでつくりあげた新しい学校行事となりました。時期や場所、実施の仕方を変えて、全学年遠足に行くこともできました。感染対策をしながらも、授業でも学校行事でも、心に残る思い出をつくることができたのではないかと思います。
 それでもやっぱり、できなかったこと、残念な思いはたくさんあります。でも、みなさんは、この経験を通して、困ったことがあっても、周りの人と力を合わせて乗り越えていく力が身についてきたのではないかと思います。
 新しい年も、まだまだ感染症は続き、大変なことが待っているかもしれません。それでも、みんなでアイデアを出し合って、助け合って、楽しい思い出をたくさんつくっていきましょう。
15:14
2020/12/06

温かな声援ありがとうございました

| by 管理者
 先日の持久走大会では、子ども達に温かな声援を送っていただきありがとうございました。子ども達は持久走大会に向けてしっかりと練習し、本番でも一人ひとりが精一杯の力を発揮してくれました。平日の午前中の開催のため、都合のつかない保護者の方々もたくさんいたとは思いますが、子ども達の頑張っている姿を観ていただくことができて、少しホッとしています。
 とはいえ、全国的にコロナウィルスの感染が広がり、古河市も感染拡大市町村に指定されてしまいました。不要不急の外出の自粛を求められていることから、今週予定していた校外学習も延期です。3学期には、子ども達の一年間の成長ぶりを全ての保護者の方々に観ていただきたいと考えていますが、このままでは心配です。学校での感染がないように今後も注意を払いながら、感染拡大が落ち着くことを待ちたい思います。それまでは、できるだけブログを更新していきますので、ご覧になりながら子ども達との会話の材料としていただければ幸いです。

*温かな声援や叱咤激励・・・ やっぱり保護者の皆様の応援は力になります。

19:50
2020/11/07

秋が深まってきました

| by 管理者
 秋がすっかり深まってきました。記録的な猛暑が、もうずいぶんと前のようなことのように感じられます。冬が近づくに従って、新型コロナウィルスの感染者がじわじわと増えてきているようで、まだまだ気をつけていかなければなりませんね。
 今、子ども達は持久走大会に向けて練習を始めました。元気いっぱいに走り回る姿はほほえましいのですが、うがい手洗いをいつもの年よりも徹底して行っています。練習も2グループに分けて走る人数を減らしたり、コースを分けたりと工夫しています。今後、コロナウィルスの感染者が劇的に増えてくるようなことがなければ、子ども達が頑張って走っている姿を保護者の方々にも応援していただきたいと考えています。

*持久走の練習も楽しそうです。先生達も!?


*校庭のコキアもすっかり色づいてきました。季節の移り変わりを感じます。

21:05
2020/10/30

お茶会をしよう

| by 管理者
 5年生の家庭科に「お茶会をしよう」という単元があります。コロナ禍では、たとえ遠足でも飲食は横並びで行ってきましたが、今日は塩ビ板を立てて対面で実施しました。(写真ではわかりづらいですね)
他にも
 〇自分のものは自分で片付け
  (飲み残しも 食べ残しも)
 〇人にはあげない
 〇会食中は静かに
という、きまりを守って楽しくお茶会ができました。ほんの5~6分間でしたが、「マスク外して授業久しぶり~」という声も上がりました。やっぱりガマンしていたんですね。これからも対策を工夫しながら授業を進めていきます。

*楽しい時間を過ごせてよかったですね。


*ジグソーの扱いもだいぶ慣れてきました。予算の関係で、塩ビ板と学校にあった木材で作成してみました。

11:23
2020/10/22

スポーツフェスティバル閉幕

| by 管理者
 3日間にわたるスポーツフェスティバルが閉幕しました。感染症対策のため、リコーダーをフラッグに変更した鼓笛パレードがフィナーレを飾りました。十分な練習時間もとれなかったにもかかわらず、とっても感動的な演技を見せてくれました。
 スポーツフェスティバルは、子ども達一人ひとりが、会場づくりから係活動、演技の練習と、一から創りあげたものです。開会式や閉会式でもお話ししましたが、コロナ禍で様々な制限がある中、各学年とも今できる最高の学校行事を創りあげてくれました。子ども達に感謝です。

*六年間の成長をしっかり感じさせてくれました。


*たった五年前は同じように小さかったのに、ほんとに立派に成長しましたね。


*1年生も、それぞれにしっかりと責任を果たしてくれました。演技も元気いっぱいで、とっても素敵でした。


*飛沫が心配されることからリコーダーの練習ができずに、フラッグに変更しました。堂々とした演技にたくさんの拍手をいただきました。涙が止まらない保護者や職員の姿も・・・。



 平日にもかかわらず、種目も時間も限定されたスポーツフェスティバルに温かな応援をしてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。形は違えど6年生が創りあげた晴れ舞台にいただいた拍手は、子ども達の心にも大きく響きました。
 また、1~5年生の保護者の皆様には参観を控えていただくという誠に心苦しいご協力をいただきました。申し訳ない気持ちでいっぱいではありますが、子ども達がフェスティバルを通して得た自信と経験をもとに来年度より素晴らしい舞台を創りあげてくれるものと確信しています。楽しみにしていただければと思います。
 コロナ禍の中でも、これだけのことができるんだということを示してくれら子ども達に負けないように、我々職員も工夫を凝らしながら教育活動を進め、保護者や地域の皆様にもその様子を伝えていきたいと考えています。
21:06
2020/10/17

自信を持って

| by 管理者
 3・4年生のスポーツフェスティバルは、まず返事の大きさに感心しました。先生の話、係の話を真剣な表情で聞いて、大きな声で返事をしていました。いいスポーツフェスティバルになるだろうなという予感がしました。
 4年生にとっては初めての係の仕事ですが、全く不安を感じさせずに、しっかりとその責任を果たしていました。3年生も、演技はもちろん応援も素晴らしく、スポーツフェスティバルを盛り上げてくれました。最後に学年の先生から、「今日は先生はほとんど口を出すことがなかった。みんなが予行の反省を生かしてしっかりと取り組んでくれたからです。とっても素晴らしかった。この経験を自信にして、これからの学校生活をおくって欲しい。」という話がありました。
 立派な高学年になるんだろうなあと、期待を抱かせるスポーツフェスティバルとなりました。

*どの係も一生懸命でした。




*みんなで創りあげたスポーツフェスティバル、演技も熱が入っていました。

11:57
2020/10/14

君たちなら大丈夫

| by 管理者
 2・5年生のスポーツフェスティバルの放送原稿です。


 5年生は2年生と合同開催となりましたが、準備から係活動としっかりと責任を果たし、本番でも競技を盛り上げてくれました。お兄さんとして2年生をしっかりとリードしてくれました。君たちなら大丈夫、必ず素敵な最高学年になれるよ。

*スポーツフェスティバルの経験は必ず来年の運動会に生きてきます。


*1年生も元気いっぱいに応援をしてくれました。


*2年生の学年主任の先生からも5年生に感謝の言葉がありました。

22:25
2020/10/12

スポーツフェスティバル開幕

| by 管理者
**スポーツフェスティバル開会の言葉**
 「コロナにも 負けずに燃やせ 下小魂」 すてきなスローガンに決まりましたね。作者の丸山さんや選んだ実行委員のみなさんの思いが伝わってきます。
 「スポーツフェスティバル」は、コロナウイルス感染症のために運動会が中止になってしまったので、その代わりとして二つの学年ごとに運動会のようなものをやってみようという、始めは少しさびしいものでした。でも、皆さん一人ひとりが、笑顔で元気いっぱいに練習や準備に励んでいるうちに、コロナの時代だからこそできる新しい学校行事「スポーツフェスティバル」へと変わってきました。種目数は少なくても、時間は短くても、上級生と下級生で協力し合い、みんなで創りあげた「スポーツフェスティバル」は、運動会に負けない素晴らしいものになると確信しています。
 コロナに負けず、笑顔で、思いっきり楽しみましょう。

*草取り、石拾い、テント張り・・・ 子ども達が一から作り上げた行事が開幕しました。


*笑顔いっぱいですが、気合いも入っています。


 こうした子ども達の姿を、参観制限してしまうことを大変心苦しく思っています。こんな状況でも、温かく見守ってくださる保護者や地域の皆様に心から感謝しています。できる限り子ども達の様子を発信していきますので、引き続きご理解、ご協力をお願いします。

 私たち学校の職員も、お子様の成長の様子をご覧になっていただきたいという思いは、保護者や地域の皆様と同じです。「もうそろそろ・・・」、「今のタイミングなら・・・」という考えが何度も頭に浮かんできます。一方で、万が一が許されない環境の子ども達や職員もいます。まだまだ先が見通せない状況ではありますが、このままで1年間が終わらないように段階を踏んでいきたいと考えています。オンラインの活用になるのか、直接ご覧いただける場を設定するのか、日々葛藤しているところです。
 こんな中でも明るく元気に成長を続ける子ども達に負けないように、少しずつ前に進んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。
21:43
2020/10/12

スポーツフェスティバル予行

| by 管理者
 先週「今日の出来事」で2・5年生の予行を紹介しましたが、明日はいよいよ開会式を迎えます。2・5年生は本番となります。時間は2時間、種目も一人2種目+代表選手のリレーと、本当に短縮されたスポーツフェスティバルですが、それでも子ども達は笑顔いっぱいで練習に取り組んでいます。 短縮した内容でここまで練習しなくとも・・・、とも思いますが、この頑張りが来年につながります。来年、地域の皆様に子ども達の成長した姿をご覧いただけるように、子ども達が達成感を感じられるようなスポーツフェスティバルにしたいと思います。
 今年は6年生の保護者のみの参観とさせていただきますが、子ども達の様子をできるだけたくさん紹介していきたいと思います。ご理解くださいますよう、お願いします。

*規模は小さくても係の仕事は同じだけあります。子ども達は大忙しですが、みんな責任を持って生き生きと取り組んでいます。


13:16
2020/09/30

稲刈り

| by 管理者
 先日、5年生の稲刈りを行いました。今年はコロナウイルス感染症対策のため、子ども達に田植えを体験させることができませんでしたが、稲刈りだけでも体験してもらおうと、おやじの会や農協の皆様が準備してくださいました。子ども達も楽しく稲刈りをすることができ、地域の産業について学ぶとともに、生産者の方々への感謝の気持ちをもつことができました。大変貴重な体験をありがとうございました。

*おやじの会や農協の皆様のおかげで、初めての経験でも安心してできました。

*楽しい時間を過ごせました。なかにはカエルやヘビをみつけて大はしゃぎする子ども達も・・・。

*例年、落ち穂を拾うおやじの会の方々の姿を見て生産者の作物への愛情や食べ物の大切さを学んだりもするのですが、今年は自ら「一粒も無駄にしないよ」と拾っている子ども達がいました。


 今年は残念ながらおやじの会こだわりのお弁当をいただくことができませんでした。おやじの会の方々からも「せっかく収穫したんだから食べさせてやりたいよなあ。」との声もいただきました。ぬか喜びになってしまってはさらにかわいそうなことになってしまいますので軽はずみな返答はできませんが、気持ちは我々も同じです。地域から学ぶことは本当にたくさんあります。地域との関わりがあってこそ子ども達が安心して、幅広く学ぶことができます。学校行事を安全対策を工夫しながら実施し始めているように、地域との関わりも形を工夫して取り戻して行けたらなあと考えています。


*稲刈りの前に、子ども達が歩きやすいように草を刈ってくださっていました。コンバインを安心して体験できるのもきちんと教えていただけるからで、我々だけではできません。本当に貴重な体験をありがとうございます。

13:36
2020/09/18

少しずつ活動が広がっています

| by 管理者
 今日の出来事でも紹介されたように、学校にリコーダーや鍵盤ハーモニカの音が戻ってきました。先日制作した飛沫防止シートを使い、2人で使っていたオルガンに1人ずつ座り、隊形を工夫し、十分に換気をして・・・。やっぱり神経は使います。でも、コロナ禍とはいえ、身に付けるべきことは工夫して授業の中に取り入れていきたいと思います。そして何よりも子ども達が嬉しそうです。
 2、3年生の校外学習、1,4年生の遠足では、バスの台数を増やしたり、換気や除菌の装置のついたバスを利用したり、おやつの交換やお土産、バスレクは無し・・・。いつもと違う遠足や校外学習ですが、それでも子ども達は満面の笑顔を見せてくれました。学校の人間である私が言うのもおかしな話ですが、子ども達の笑顔を見るためなら先生達は労を惜しむことなく、安全性に十分留意しながら準備を進めてきました。
 保護者の皆様には、「学校の行事に参加しない」という大変な協力をいただいています。本当に申し訳ない気持ちと、保護者の皆様の協力がないとこんなにも学校は大変なんだということも毎日思い知らされています。一日も早く、ともに子ども達の成長を喜べるような環境が整うことを願っています。


16:24
2020/09/08

スポーツフェスティバル

| by 管理者
 コロナウィルス感染症対策のため延期されていた運動会を中止し、平日に子ども達だけでスポーツフェスティバルを開催することにしました。二つの学年ごとにに3日間に分けて実施することで、普段の体育の授業と同程度のリスクにおさえられると考えています。組み合わせを1・6年生、2・5年生、3・4年生としたのは、上級生が下級生の活動を支えることで、上級学年としての自覚をもって、子ども達が自分たちの手で学校行事を創りあげていくことを期待してのことです。鼓笛は、飛沫が心配されるリコーダーをフラッグなどに変えて行う予定です。昨年度の昼休みに卒業生から指導を受け、オーディションまで行って準備をしてきた努力は無にできないので、対策を十分にして演奏をしたいと思います。
 保護者の皆様の参観を6年生に制限して行うとはいえ、これでリスクがゼロになるわけではありません。感染したらどう責任をとるのか、後遺症が出たら、家の高齢者に感染を広げる結果になったら・・・、様々なご意見があることも承知しています。しかし、子ども達の心身ともに健全な成長を願うためには、感染症を正しく恐れ、状況をしっかりと見極め、できることとできないことを明確にし、子ども達の活動の場を確保していくことも大切だと思っています。とはいえ、この状況の中で行事を行うことは内心不安でいっぱいです。毎日ドキドキしながらも、全職員で知恵を絞って、保護者の皆様のご意見、ご理解をいただきながら、子ども達の成長を支えていきたいと思っています。

*少しずつ練習も始まりました。


*今だからこそできる演技を目指します

22:10
2020/09/07

中学校の運動会を参観して

| by 管理者
 古河市内の中学校の運動会を観てきました。全力で走る姿、精一杯演技する姿、悔しさに涙する姿、必死に応援する姿、ウケを狙っておちゃらける姿・・・、どれをとっても自粛続きの学校の中ではなかなか見られなかった姿です。一生懸命な子ども達の輝いている姿に、見ている方が嬉しくなってきてしまいました。
 下大野小学校でも、感染症対策による活動の制限が続いています。徐々に活動の幅が広がってきて、子ども達が笑顔を見せる姿も増えてきました。今週からは4年生が先陣を切って、延期されていた遠足がスタートします。全校で集まることさえままならない現状ですが、学校行事も感染症対策をとった上で形を変えて実施していく予定です。学校行事に全力で取り組み、励まし合い、喜びや悔しさを分かち合いながら、子ども達は成長していきます。そんな場面をできるだけたくさんつくっていきたいと、気持ちを新たにした運動会でした。

*当たり前に思っていたいことがとっても大切なことだったんだと再確認させられている毎日です。

11:50
2020/08/18

日本一短い夏休みを終えて

| by 管理者
 日本一短い夏休みが終わりました。(テレビを見ていて初めて知りました・・・)毎日暑い日が続いて大変ですが、子ども達が笑顔で元気いっぱいに過ごしてくれていることを嬉しく思います。せっかく学校に来ているのですから、熱中症やコロナウイルス対策に十分気をつけて、子ども達が日本一楽しいと思える学校にしたいなと思います。
 とはいえ、茨城県のコロナ対策指針は「ステージ3」となってしまいました。学校生活は今までと変わりませんが、今後も十分に感染症対策をとっていかなければなりません。古河市でも泊を伴う行事は中止となってしまいましたので、学校として代替の遠足を検討しています。運動会や下大野小祭りも大幅な見直しをしなければ実施できる状況ではありません。それでも、各発達段階において必要な経験ができるように、楽しい学校生活が送れるように、子ども達と職員と保護者を始め地域の皆様と知恵を出し合っていきたいと考えています。今後もご理解とご協力をお願いします。


*何をするにしても子ども達の笑顔が我々の原動力ですね。もっとたくさんこんな笑顔が見られるように頑張ろうと思える瞬間です。

13:47
2020/08/07

前を向いて

| by 管理者
夏休みを前に

 感染症対策のため、それぞれの学年の思い出となるはずの行事が次々と中止や延期となっています。先日は古河市内小中学校の修学旅行と宿泊学習は中止との連絡もありました。一つ一つが小学校最後の思い出となるはずの6年生は、さぞかしがっかりしているのではないかと思います。それでも、下大野小学校を代表する学年として、勉強だけでなく、自分たちの仕事に責任を持って取り組み、下級生に優しく接してくれています。そんな6年生の姿を見るにつけ、「かわいそうに」なんて言ってはいけない、できないことを嘆くのではなく、今何ができるのかを考え、できることを精一杯やらなければいけない、ということを教えられています。「前を向いて」って、言うほど簡単なことではありませんが、ウイルスに負けないたくさんの思い出を創っていけるように、知恵を出し合って、保護者や地域の皆様のお力やご理解をいただきながら、我々教員も子ども達に負けないように頑張っていきたいと思います。
17:00
2020/07/27

PTAの役員が決まりました

| by 管理者
 先週の金曜日、ようやく令和2年度のPTA役員を決めることができました。近隣で新型コロナウィルス感染者が出たとの情報が入ったため、運営委員会は取りやめて、委員会ごとに体育館や特別教室に分かれて、役員を決めたり活動内容の確認を行いました。遅い時間までご協力いただきありがとうございました。今年度はいつも通りの活動はほとんどできません。これまでとは違った形で協力していただいたり、急な変更でご迷惑をおかけしたりすることが多いかと思います。明るく元気に頑張っている子ども達を支えていけるように、役員さんを始め保護者や地域の皆様と手を取り合って行ければと思っています。よろしくお願いします。

*日照時間が短く野菜が値上がりしているということですが、校庭のひまわりはぐんぐん伸びています。サルビアやマリーゴールドも夏らしく色鮮やかに咲いています。校庭で走り回る子ども達も元気いっぱいです。


13:16
2020/07/13

ウサギの赤ちゃん大捜索

| by 管理者
 先日紹介したウサギの赤ちゃんが2羽、小屋から逃げ出してしまいました。ふっくらと柔らかな毛で覆われているとはいえ、まさか5センチ四方の網目を通り抜けてしまうとは思わず、油断でした。一生懸命に世話をしてくれていた飼育委員達や一緒に遊ぶことを楽しみにしていた子ども達に申し訳のないことをしてしまいました。
 ウサギの脱走を知った6年生が、体育の授業に出てきた時にみんなでウサギを捜索してくれました。蚊に刺されながら、学校の敷地内をそれこそ隅から隅まで探してくれました。ふだんから下級生のめんどうをよく見てくれ、委員会活動等でも先頭に立って活動するなど、最上級生として立派に活躍してくれている6年生。その優しさに触れ、感謝の気持ちでいっぱいです。結局見つけることはできませんでしたが、残る2羽を大切に育てていきたいと思います。6年生、ありがとうございました。

*残った2羽、元気に育ってます。


*さっそく金網を補修しました。悔やまれます。

11:20
2020/07/09

今年の願い事は・・・

| by 管理者
 1・2年生の廊下に七夕飾りがあります。折り紙でつくったきれいな飾りと願い事を書いた短冊、今年ももう七夕かぁとなんとなく眺めていました。職員室に戻ったら、先生方から「願い事を見ましたか? なんだか切なくなってきますね。」と声をかけられました。もう一度戻ってみると、「コロナがなくなりますように」「しあわせなことがおきますように」といったコロナに関するものがたくさんありました。いつもの年なら「〇〇がほしい」「△△になれますように」といった願いが多いのですが・・・。みんな明るく元気に過ごしていますが、子ども達なりにガマンしていることがたくさんあるんですね。
 感染者が再び増え始め、学校での授業も行事も試行錯誤が続いています。口で言うほど簡単なことではありませんが、けなげに頑張っている子ども達が日常の「しあわせ」感じられるように、保護者や地域の皆様からもご意見やご理解を頂きながら、みんなで支えていきたいと思います。


10:19
2020/07/02

順調に育っています

| by 管理者
 ウサギの赤ちゃんが4羽生まれました。飼育委員の子ども達が、「そろそろ離乳の時期だから」と言って、えさを細かく砕いたり湿らせたりしながら一生懸命に世話をしてくれています。子ども達が毎日一生懸命に世話をしてくれているから、ウサギたちも元気で、こうして新しい命を迎えることもできたのでしょう。順調に育っていく様子を、みんなで見守っていけるといいなあと思います。

*巣箱の中にもう1羽います。癒やされます。


 順調に育っているのは子ども達も同じです。通常登校に戻ってから1ヶ月、感染症対策を意識しながら、少しずつ日常生活を取り戻してきています。落ち着いて授業を受けることはもちろん、学級での活動や委員会活動にも責任を持って取り組んでいます。子ども達の頑張りがあってこそ、日常の学校生活を送ることができます。不自由を強いられる中でも、子ども達はたくましく成長しています。我々大人も負けてはいられません。

*飼育や体育だけでなく、代表、放送、環境、ボランティア、保健、栽培、給食、図書と、みんな頑張ってくれています。写真がそろいませんでした・・・。

11:11
2020/06/25

折り紙の輪飾り

| by 管理者
 毎朝昇降口で子ども達とあいさつを交わしていますが、だんだんと笑顔であいさつを返してくれる児童が増えてきています。学校生活のリズムが戻ってきて、気持ちにも余裕が出てきたのでしょうか。
 そんな中、2年生の女の子が「これ、校長室に飾って」と、折り紙の輪飾りをプレゼントしてくれました。あいさつについての道徳の授業に少しおじゃましてから、ニコニコしてあいさつしてくれる子ども達が増えたなぁと嬉しく思っていたのですが、笑顔とともに思いがけない素敵なプレゼントをいただきました。この優しさに応えるためにも、もっと頑張らなければいけないなあと力がわいてきました。

*さっそく飾ってみました。

14:58
2020/06/23

今までとは違うけれど・・・

| by 管理者
 ブログでも紹介済みですが、先週1年生を迎える会を行いました。体育館に全校生徒が集まって交流するという、去年までのやり方はもちろんできません。校庭に距離をとって並んだ1年生と6年生がメッセージを交換し、2~5年生は教室の窓から拍手を送りました。入学式もなく、2ヶ月も休校していた1年生に歓迎の気持ちを伝えるために、感染症対策を意識しながら最低限できることをやってみようと、子ども達と職員で準備をしました。例年に比べると本当に簡単な内容でしたが、子ども達は楽しかったと言ってくれました。一生懸命な姿に感動したという職員もいました。
 1年生を送る会も、中止という選択肢はもちろんありました。最初に予定した日は強風のうえ、途中から雨まで降ってきてしまいました。でも、その際、6年生は1年生へのプレゼントが入った封筒がぬれないように上着の下に入れたりして守ってくれていました。急な雨に、昇降口まで1年生を誘導してくれた6年生もいました。もちろん、準備は全員が頑張ってくれていました。これだけでも、長い休校にもかかわらず最上級生として成長した6年生の姿が見られて、どんな形であれやってみてよかったなと思いました。
  感染症対策のため、様々な行事が中止や延期となっています。第2波・第3波を考えると今後もどうなるか分からないというのが正直なところですが、子ども達の安全に十分配慮しながら、みんなで知恵を出し合って教育活動を進めていきたいと考えています。


11:31
2020/06/10

暑さに負けず元気いっぱいです

| by 管理者
 登校も2週目となりますが、3ヶ月間も休んでいた子ども達には厳しい暑さが続いています。まだ友達と会えた喜びが勝っているようで、休み時間には元気に外で遊んでいます。授業の遅れを取り戻しつつ、子ども達が笑顔で過ごせるように、できる限りの対策をとりながら学校生活を守っていこうと思います。様々なご協力やご意見を頂きながら進めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

*休校中の分を取り戻すかのように元気に遊んでいます。


 笑顔で元気いっぱいに過ごすことは免疫力のアップにもつながるとされていますが、新型コロナだけではなく熱中症対策にも気を配っていかなければなりません。学校でも暑さ指数(WBGT)計をもとに、体育の授業や外遊びの判断材料としています。マスクの着用については、自分で判断できるよう指導していきたいと思います。苦しくてもマスクをし続けたりしないように、ご家庭でも話をしてみてください。

*暑さ指数を昇降口に表示しています。


16:04
2020/06/04

学校が始まりました

| by 管理者
 先週から始まった分散登校で、久しぶりに子ども達の元気な姿を見ることができてとっても嬉しく思っています。笑顔であいさつを交わす、たったそれだけのことが3ヶ月もの間できなかったんだなあと、あらためてコロナウイルスの怖さを感じています。
 学校に行けない、友達に会えない、毎日ずっと家にいる、いつもと違う生活がこんなにも長く続いてしまうなんて考えてもみませんでした。この3ヶ月間で、当たり前にあると思っていた毎日の生活が、実はとっても大切なものだったんだなと強く感じさせられました。だからこそ、これからの一日一日を大切にしていかなけれならないと決意を新たにしています。こんな時だからこそ、みんなで協力し合い、励まし合いながら、目標や夢に向かって元気に歩んでいけるように子ども達を支えていきたいと思います。
 学校再開に向けて準備はしっかりと進めてきたつもりですが、始まってみれば様々な課題が出てきくることでしょう。まだまだ感染症対策を十分にとりながらの試行錯誤の活動が続きます。検温や健康チェック、マスクの着用を始め、ご協力いただくことも少なくないかもしれません。授業の遅れや学校行事など先行きは不透明ですが、ご家庭との連絡を密にして、知恵を出し合いながら、「やっぱり学校はいいなあ。」と言ってくれている子ども達の期待に応えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

*今年は桜ではなくアジサイが子ども達のスタートを見守ってくれています。

09:05
2020/04/10

中学生のつぶやき

| by 管理者
  中学校3年生になったばかりの男の子が、「来年、もう一回最初から3年生をやらせてくれないかな」と、ぼそっとつぶやいていました。「そうだよな。不安や悔しい思いに押しつぶされそうになりながらも、頑張っている子ども達がたくさんいるんだろうな。」と思うと、涙をこらえきれなくなってしまいました。2年間一生懸命に頑張ってきて、さあこれからというときに、休校の延長。3月の休校中も、体力を落とさないように、勘を鈍らせないようにと、部活動の再開を信じて工夫しながら鍛錬を怠りませんでした。新しい担任の先生や友達といいスタートを切ろうと宿題や自学にも精を出していました。無念な気持ちは計り知れません。今年の3年生はかわいそうだと、軽々しく言っていた自分は、何も分かっていなかったんだなと恥ずかしくなりました。
 もちろん、命には代えられないので、休校は仕方のないことです。今後もいつ再開できるか分からない状況が続くと、気が滅入ってしまうのも当然です。でも、下を向いていても何も始まりません。学校は必ず始まります。そのときに向けて、今何ができるのかを考え、着々と進めていくしかありません。我々教員も、残念な思いをしながらも頑張って耐えている子ども達に少しでも応えられるよう、知恵を出し合い、しっかりと準備をしていかなければならないと気を引き締めています。
 いろいろと困難が待ち受けているとは思いますが、たっぷり時間があるときにしかできないことにも挑戦するなどして、充電期間としてみてください。元気いっぱいの子ども達とまた学校で会えることを楽しみに、私たちも研修に励んでいきます。
15:15
2020/04/07

入学説明会

| by 管理者
 新入生の皆さん、おはようございます。元気にごあいさつできましたね。今日から皆さんは、下大野小学校の1年生です。先生たちも、お兄さん、お姉さんたちも、みんな皆さんが入学することを、とっても楽しみにしていました。おめでとうございます。
 残念ながら今は学校はお休みになっています。今日は体育館にお兄さんやお姉さんたちの似顔絵が皆さんを見守っていますが、いつもなら明るく元気な声が響き渡っているので、とっても寂しい感じがします。でも、学校は必ず始まります。それまで、お家の人の言うことをよくきいて、元気いっぱいのままでいてください。長いお休みです。たくさん本を読んでください。学校が始まったら、一緒に勉強をしたり、思いっきり遊んだりしましょう。
 保護者の皆様、本日はご入学おめでとうございます。とっても可愛い1年生ですね。皆様がいかに愛情を注いでこられたか、ひしひしと感じます。責任を持ってお預かりし、職員一同、皆様のご期待に応えられるよう全力で取り組んで参ります。
 本日は残念ながら入学式を行うことができませんでした。この先もどうなるのか分からない状況の中、皆様も不安や焦り、ストレスを抱えていることと存じます。しかし、この困難を乗り切るためには、楽しく笑顔がいっぱいの下大野小学校の日常を取り戻すためには、今できることを、一人ひとりがしっかりとやっていくしかありません。お子様の成長には、学校とご家庭の協力と連携が欠かせません。ともに頑張っていきましょう。

*学校の植物も厳しい冬を乗り越えてきれいな花を咲かせています。

15:46
2020/04/06

始業の日

| by 管理者
 今日は臨時登校日となりました。こうしてまた元気な笑顔の皆さんと会えたことを、とっても嬉しく思います。でも、今日から始まるはずだった新しい学年は、新型コロナウイルス感染症が古河市でも増えていることから20日まで延期となりました。やっと友達と会えて、また一緒に勉強したり遊んだりできることを楽しみにしていたことと思います。先生たちも同じ気持ちです。でも、世界中がウィルスと戦っている今、私たちも一日も早くもとの学校生活が送れるように、がまんをしていかなければなりません。
 始業式がなくなり、入学式もなくなり、運動会も延期となり、何もかもなくなってしまう感じがしてとても残念ですが、こんな時こそ元気をだしていきましょう。歴史をさかのぼってみると、人間は何度もウィルスや自然災害などと戦い、そのたびに乗り越えてきました。そうして現在の世界を築いてきたのです。休校となり、希望でいっぱいだったはずの新学期をスタートすることができませんでしたが、必ずくるスタートを元気いっぱいに迎えられるように、今できることをしっかりとして、準備をしていきましょう。頑張りましょう

*教室には担任の先生からのメッセージがありました。




15:09
2020/03/25

初心に戻って・・・

| by 管理者
 登校日に、子ども達からお手紙をいただきました。子ども達との関わりが少なくなってしまっている私にとっては、とても嬉しい出来事です。やっぱり教員は、担任していたとき、部活動の顧問をしていたときが、一番充実していて楽しかったです。(子ども達は嫌がっていたのかもしれませんが・・・)でも、お手紙を読ませていただいて、少しだけ初心に戻れたような気がします。頼りない校長ですが、下大野小学校のため、子ども達のため、できることをしっかりやっていこうと決意を新たにしています。


*校舎の3階から見る桜がきれいです。子ども達が登校してくる頃には散ってしまうんだろうなぁ。もったいない・・・。


*ホウキモモというそうです。体育館前に咲いています。白いハナモモもきれいですね。癒やされます。

11:39
2020/03/24

笑顔いっぱいの登校日

| by 管理者
久しぶりに、子ども達の笑顔と歓声が戻ってきました。先生たちも笑顔が弾けていました。やっぱり学校はいいものですね。明日から春休み、次は新しい学年での登校となります。みんなが笑顔で、元気いっぱいに過ごせるように、しっかりと準備をしていきます。




13:16
2020/03/23

桜が咲きました

| by 管理者
 第73回卒業証書授与式が無事に行われました。休校により、ほとんど練習できなかったにもかかわらず、卒業生は立派な態度で羽ばたいていきました。中学校での活躍を楽しみにしています。
 明日は登校日です。久々に子ども達に会えるのが楽しみです。春の光に包まれて、桜も咲きました。校庭の花々も子ども達を待ちわびています。

*今年もきれいに咲きました。




*チューリップもムスカリも菜の花も、みんな待っています。

14:05
2020/03/19

第73回卒業証書授与式 式辞

| by 管理者
 校庭の花桃が、春の光に包まれ、皆さんの旅立ちをお祝いするかのように鮮やかに咲いています。
 六十三名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。令和の時代になって初めての卒業式、そして下大野小学校としては七十三回目となる卒業式は、新型コロナウイルス感染症対策のため、保護者の方々と先生たちと似顔絵と写真の在校生だけの参加となってしまいました。それでも、卒業証書を受け取る皆さんの表情は、マスク越しにも中学校生活への希望、小学校六年間の成長が感じられ、とっても輝いて見えました。開催できたことを、心から嬉しく思います。在校生も急なお別れに戸惑いながらも、大好きなお兄さんやお姉さんに、映像で心を込めてエールを送ってくれましたね。今日は、いつもとは違った形の式となりますが、皆さんにたくさんの愛情を注ぎ、旅立ちを心からお祝いしてくれる人たちの思いがぎゅっと詰まった素敵な卒業式だと思います。
 まず、今、皆さんの目の前に座っているお家の方々が、一番喜んでいることでしょう。皆さんがこんなにも立派に育つまでには、たくさんの喜びと、また、同じくらいたくさんの心配や苦労があったはずです。この十二年間の様々な場面を思い浮かべてみてください。皆さんのそばには、いつも温かい眼差しで見守ってくれていたお家の方がいたはずです。今、皆さんの成長した姿を見て、感動で胸がいっぱいなのではないでしょうか。お家に帰ったら、ぜひ「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてください。
 また、この六年間、皆さん一人ひとりに寄り添い続けた先生たちも、皆さんの旅立ちを喜びと寂しさとで胸を熱くしています。毎日の授業、運動会、下大野小祭りを始めとする学校行事、一緒に遊んだこと、思い出を挙げればきりがありません。泣いたり、笑ったり、時には厳しくしかったこともありましたが、先生たちはいつも、皆さんの可能性を信じて全力で支え続けてきました。その思いに皆さんは見事に応え、とくにこの一年間は、最高学年としての責任を立派に果たしてきました。卒業しても、先生たちはずっと皆さんを応援し続けています。
 そして、今この会場に座っている仲間たち。小学校の仲間は皆さんにとって生涯の宝となります。今年度は、新型ウイルスや大規模な自然災害などがありました。これからはこうした困難な時代を逞しく生き抜く力が求められます。でも、人間が一人でできることには限りがあります。そんなとき、二人、三人と仲間がいれば、協力し合い、励まし合い、持てる力の何倍もの力を発揮することができます。何より、その喜びや感動も二倍、三倍となり、人生が豊かになります。これは、小学校の様々な場面で経験してきたのではないでしょうか。小学校での仲間、これから出会う仲間を大切にして、実りある人生を歩んで欲しいと思います。
 保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。これから子どもたちは、中学校という新しい環境で、様々な困難に出会い、迷ったり、挫けそうになったりすることもあるかと思います。どうぞ、これまで通り温かく子どもたちを見守り、励ましていただきたいと思います。子どもたちにとっては、何よりも励みになることでしょう。
 最後になりますが、下大野小学校卒業生の今後の益々の成長とご活躍を願い、式辞といたします。


13:41
2020/03/03

臨時休校に向けて

| by 管理者
 新型コロナウイルス感染症対策で、今日から臨時休校ということになりました。急に学年が終わってしまうことに、心の整理がつかないお友達もいるかもしれませんね。この1年間、6年生は学校の中心としてよく頑張ってくれました。残念ながら卒業式で見送ることはできませんが、一緒に遊んでくれたり、色々なことを教えてくれたお兄さんお姉さんとのお別れを寂しく思っています。ありがとうございました。1年生から5年生のお友達も、とってもたくましく成長しましたね。今日でクラスのお友達や先生と過ごすのは最後となります。残された時間を大切に過ごしてほしいと思います。
 昔からよく「ピンチをチャンスに変える」と言われてきました。突然の1ヶ月のお休みは皆さんにとってピンチかもしれません。でも、この長いお休みをどう過ごすかでチャンスに変えることができます。ふだんはなかなか時間がとれない読書や自分の趣味などを、たっぷりとすることができます。4月からの新しい学年に向けて自分の苦手な勉強を復習しておくと、とってもいいスタートを切れるのではないでしょうか。ゲームなどでだらだらと過ごすのではなく、上手に時間を使うことで大きなチャンスに変えてほしいと思います。
 6年生の卒業式や24日の登校日に、元気な笑顔の皆さんとまた会えることを楽しみにしています。

*春を感じさせる校舎も皆さんが元気に戻ってくるのを心待ちにしています。

10:24
2020/01/08

3学期始業式

| by 管理者
 新年明けましておめでとうございます。いいお正月は迎えられましたか? お年玉はたくさんもらえましたか? むだ遣いをしないようにしましょうね。
 今日から3学期ですが、またこうして元気に皆さんと向き合えることをとても嬉しく思います。2人のお友達から3学期の目標について発表がありました。素晴らしい目標ですね。2ヶ月半と短い3学期ですが、目標に向けて頑張っていきましょう。
 今年はねずみ年ですね。子・丑・寅・・・と続く十二支の最初の干支です。12年という一区切りのスタートです。今年は東京オリンピックがありますが、新しい時代の幕開け、新しい下大野小学校、新しく成長する自分自身のスタートといった感じがしませんか? でも、ぼーっと過ごしていたら何も変わりません。新しい時代も、新しい下大野小学校も、成長した自分も、自分たちの力でつくりあげるものです。目標をもって、できることから少しずつ取り組んでいきましょう。3ヶ月半後には、6年生は中学生になります。5年生は最上級生です。1年生もお兄さん、お姉さんになるんですよ。「こうなりたい」という自分の姿を想像して、新しい学年に向けて3学期をしっかり頑張っていきましょう。そして、お友達の発表にもあったように、これまで一緒に頑張ってきた仲間と、笑顔で楽しい思い出をたくさんつくっていきましょう。
10:35
2020/01/08

2学期終業式

| by 管理者
 9月の暑い季節から12月の冬の季節まで、4ヶ月という長い2学期も今日で終わりです。いよいよ令和元年も終わりですね。大掃除はしましたか? 年賀状は書きましたか?いつもお世話になっている家族のお手伝いにも積極的に挑戦してみてください。
 今、お友達が2学期の反省を発表してくれましたが、みなさん2学期を楽しく過ごすことができたようですね。勉強はもちろん、各学年の校外学習、下大野小祭り、ドッチボール大会、持久走大会、なわとび大会と、盛りだくさんでしたが、みんなで力を合わせて頑張ることができました。こうして皆さんの表情を見ていても、とってもいい表情をしていて、たくさんのいい思い出をつくることができてよかったなと少しほっとしています。
 さて、校長先生は、いつも目標を持つことが大切ですと話をしています。持久走大会について発表してくれたお友達がいましたが、下大野小学校の持久走大会で1位になるのと、古河市で1位になるのではどっちが嬉しいでしょう? では、古河市で1位になるのとオリンピックで金メダルを取るのはどっちが嬉しいでしょう? これは人によって違うと思いますが、自分目標に向かって一生懸命頑張った結果は、どっちも嬉しいものです。どっちが嬉しいということではないんです。練習を頑張れば頑張るほど、喜びも大きくなります。10番を目指して一生懸命練習すれば、実現できた時に涙が出るほど嬉しいんです。立派な目標、ダメな目標なんてないんです。勉強でも、運動でも、習い事でも、どんな目標でもいいから、達成するために努力することが大切です。その喜びをもっと味わいたくて、次の目標に向かって頑張る、そうして人間は成長していくものなんです。もしかすると、その先にはオリンピックの金メダルが待っているのかもしれません。
 この一年間を振り返って、お正月にはぜひ新しい目標をたててみましょう。夢が広がっていきますよ。
10:15
2019/12/20

人権集会

| by 管理者
 人権とは、みんなが自分らしく生きるために、みんなが幸せに生きていくために、一人一人がもっている権利です。
 好きな音楽を聴くこと、おいしいご飯を食べること、お気に入りの洋服を着ること、好きな人と結婚できること、学校に通えることも人権です。みんなから見れば当たり前のことのようですが、当たり前ではない場所も世界中にはたくさんあります。みんなが暮らすこの日本でも当たり前ではなかった時代がありました。学校に行きたくても行けない、自分のやりたい仕事ができないような時代から、たくさんの人々が努力していろいろな人権を勝ち取ってきたのです。
 さて、今日発表してくれた皆さんの人権標語、どれをとっても素晴らしいですね。何よりも、どの標語も自分の権利を主張するのではなく、みんなが幸せになれるように願ったものだったことに感心させられました。人に嫌な思いをさせて自分だけ幸せになるなんてことはありえませんよね。
 今日のこの集会で感じたことを毎日の生活に生かして、みんなが楽しいと感じられる下大野小学校にしていきましょう。また、みんなが幸せに暮らせる社会をつくっていきましょう。

*一人一人、みんなが人権について考えました。


*3Fにある人権コーナーです。

10:53
2019/10/25

いよいよ明日 下大野小祭り

| by 管理者
 いよいよ明日は下大野小祭りです。今日は大雨となってしまいましたが、とっても楽しみに準備をしてきた子ども達の思いが通じたのでしょうか、明日は晴れの予報です。
 準備は子ども達だけではありません。この大雨の中、たくさんの保護者の方々が机を運んだり、野菜を切ったりと、明日の準備を進めてくださっています。これまでも役員さん達を中心に企画・運営に当たり、食券の準備や材料の買い出し等を行ってくださっていました。職員も子ども達への支援はもちろん、今日の雨の備えて昨日のうちにテントを設営しました。みんなの準備が重なって、明日は素晴らしいお祭りになると確信しています。是非ご家族や地域の皆様で楽しんでいただければと思います。


09:59
2019/10/14

避難所での思いやり

| by 管理者
 台風19号が東日本の各地に甚大な被害をもたらしました。古河市も各地に避難指示が出て、下大野小学校も避難所となりました。本校は校舎の1階や体育館は浸水してしまう高さのため、本来は避難所として指定されていません。従って毛布も非常食もなく、十分な対応ができずに大変ご心配をおかけしました。
 12日の深夜から13日にかけて、本校の児童も含め40~50名ほどの地域の方々が避難に訪れました。物的にも人的にも十分な対応ができない中でも、「大変ですね」、「何かお手伝いできることはありませんか?」などと声をかけて下さる方々がいました。避難所を引き払う際も、どのご家庭も後片付けをしっかりとしてくれました。小さなお子さんやお年寄りも慣れない環境に不安だったのではないかと思いますが、お互いを思いやる雰囲気に安心して過ごすことができたのではないでしょうか。
 今回の避難で、改めて地域のつながりの大切さ、思いやりの心を学ばせていただきました。今朝も子ども達は元気に授業に取り組んでいます。この笑顔を守るために、今回の避難についても振り返り、今後に生かしていきたいと思います。
19:50
2019/10/08

元気と笑顔をお届けします

| by 管理者
 10月に入ってから、通学班ごとのあいさつ運動を行っています。1学期は、あいさつの大切さについての授業や「はい大会」などを通して、先生や地域の方よりも先に元気なあいさつをする子ども達が出てきました。これは2学期のあいさつ運動が楽しみだと思っていたのですが・・・、まだまだこれからです。
 それでも当番であいさつ運動に立つ子ども達は、「おはようございます」と笑顔と元気をみんなに届けてくれています。とびっきりの笑顔で応えてくれる子ども達もたくさんいます。学校でも、家庭でも、社会に出ても、気持ちのいいあいさつは人を笑顔にしてくれます。声を出すと元気が出てきます。地域においては、防犯上もとっても有効だということです。
 残念ながら、地域の皆様からも「あいさつができない子が多いですね」という声をいただきます。あいさつの大切さを実感して、気持ちのいいあいさつができるように、根気強く声をかけ続けていきたいと思います。地域の皆様もご協力をお願いします。


15:25
2019/10/08

感動する心

| by 管理者
 スポーツの秋、子ども達も少年団やクラブチームなどで様々な競技に頑張っていますが、テレビでもラグビー、バレーボール、体操などのワールドカップや世界陸上など、毎日のように熱戦が繰り広げられています。サッカー、テニス、野球、ゴルフなども盛り上がっていますね。数々の感動的なシーンが我々の胸を打ちます。この感動が「ぼくももっと練習してうまくなろう」、「わたしにもできるかな」という気持ちにさせて、子ども達を成長させます。
 ちょっとした何かができるようになったという小さな感動でも、積み重ねていけば大きな成長につながります。スポーツだけではありません、読書や芸術の秋でもあります。音楽を聴いたり、映画を見たり、読書をしたりして、感動した気持ちを大切にして色々なことに挑戦してみるといいです。きっと体や心の成長につながっていきます。

*校庭のコキアも秋の装いになってきました・・・

14:54
2019/09/09

台風一過

| by 管理者
 台風15号の関東地方への上陸により10時登校となりましたが、大きな事故もなく子ども達の元気な顔を見ることができました。驚異的な水はけの良い校庭で、昼休みには元気いっぱいに遊んでいました。
 登校にあたって、職員で分担して通学路の状況を確認し、強風で落ちた枝を片付けたり、増水した宮戸川などの気になる場所で立哨したりと子ども達の安全確保に努めました。そんな中、10時という時間にもかかわらず子供達を見守ってくださる方々や、「この先、木が折れていて危険ですよ」と教えてくださる方がいました。地域の中で子ども達の安全を気にかけて下さる方々がたくさんいるのだなと、再確認させられました。これからも地域の皆様と協力して、子ども達の笑顔を守っていきたいと思います。

*今朝もかなり増水していました。


*本部役員会でも指摘のあった雑草。今朝も危険を感じました。至急対応します。

21:27
2019/09/03

自分の命は自分で守る

| by 管理者
 昨日、避難訓練を行いました。今回は、子ども達に時間を知らせずに、地震がきたら自分の判断で避難するという設定でした。もちろん、「落ちてこない、倒れてこない、移動してこない」場所に避難するなど、地震が起きたときにどうしたらいいかという指導は事前に行いました。
 子ども達が夢中になって遊んでいる昼休みに地震速報を流しました。校舎内にいた子ども達は、安全な場所を選んで頭を守る姿勢をとっていました。外で遊んでいた子ども達も校庭の真ん中に集まってじっとしていました。それぞれが自分の判断で行動し、その後の放送の指示に従い、迅速に避難することができました。

 災害はいつどこで起きるかわかりません。登下校のときに起こることもあり得ます。自分の命は自分で守る力を身に付けなければならないのです。そして、自分の命を守ることが他の人たちの命を守ることにもつながります。避難できずに取り残されたりすると、助けにもどろうとした友達や先生達が危険にさらされることになります。家族が心配して、地震や洪水の後の危険な場所に我が子を探しに行けば、それだけ危険が高まります。みんなが自力で避難所に向かうことができれば、そう信じることができれば、二次災害に巻き込まれる可能性が低くなると言われています。
 災害が起きたときの避難場所は家族で確認していますか? 防災の日を機に、家族で避難場所や約束事を話し合ってみてはいかがでしょうか。
21:49
2019/09/02

2学期始業式

| by 管理者
 夏休みは楽しく過ごせましたか?
 1学期の終業式に、何か一つでいいから、「この夏はこれをやったぞ!」と思えるものをつくってみてくださいとお話ししました。何かにチャレンジできましたか? 学校に来て自由研究や統計グラフを頑張っていたお友達もいました。スポーツを頑張った人もいるでしょう、たくさん本を読んだ人もいるでしょう。みんなの表情を見ていると、それぞれにいい時間を過ごせたのではないかなと感じます。
 この夏休みも、悲しい事件や事故がたくさんありました。こうしてまた、みんなが登校できることを、とっても幸せに思います。2年生と6年生の発表にもありましたが、2学期はたくさんの行事があります。校外学習、遠足、下大野小祭りと、楽しみな行事です。5年生は宿泊学習、6年生は修学旅行、泊まりの行事になります。いい思い出となるように、みんなで協力していきましょう。
 2学期も、みんなが笑顔で元気いっぱいに生活できるように頑張っていきましょう。

花壇の植物も夏休み中に大きく育ちました。雑草も・・・。

09:47
2019/08/06

夏休み いかがお過ごしですか

| by 管理者
 夏休みも折り返し地点が見えてきました。やっぱり休みは過ぎるのが早いですね。宿題は順調に進んでいるでしょうか。「長い休みにしかできないこと」、何か取り組み始めましたか。
 私たち教職員は、学びの広場や面談を終え、校内・校外での研修が本格化してきました。救命救急の研修や来年度から始まるプログラミング教育についての研修、1学期のテストの分析など、普段なかなかできないことに取り組んでいます。研修の成果を今後に生かして、子ども達が安心して充実した学校生活が送れるように頑張っていきたいと思います。
 とはいえ、せっかくの夏休みです。これから家族サービスの時間も大切にしたいと思っています。猛暑が続いていますが、皆さんもお体に気をつけて充実した時間を過ごしてください。

*AED研修。消防署員の方々の講習に、みんな真剣そのものです。


*プログラミング教育の研修。まだまだ試行錯誤の段階です。


*職員作業。校内の不要な物、危険な物を寺久クリーンセンターまで運びました。

14:16
2019/07/19

1学期終業式

| by 管理者
 1年生の代表が1学期の反省を発表してくれました。とっても立派な発表でした。1年生もみんなすっかりたくましくなって,元気いっぱいに過ごすことができましたね。そして,一生懸命に発表する1年生を見守る上級生のみんなの優しい表情にも感心しました。今年は休み時間に下級生と遊ぶ姿がよく見られますが,お兄さんやお姉さんのとっても優しい表情,危ないときには注意してくれるしっかりした姿をたくさん見かけました。
 5年生代表の発表も,さすが高学年ですね。しっかりと発表できました。始業式に「みんなで仲良くして,下大野小を笑顔で満開にしましょう」,「目標を持って頑張りましょう」と話しましたが,どの学年も少しずつ,しっかりと成長している様子を感じさせられています。
 校長先生が最近嬉しく思っているのは,先にあいさつできる子が増えてきたなあということです。遠くの方から元気いっぱいに「おはようございます」とあいさつしてくれたり,後ろの方から「こんにちは」と笑顔であいさつしてくれる子が増えてきました。とっても嬉しいし,いい気持ちになります。この気持ちは,友だちも家の人も,近所の人も同じです。みんなが気持ちよく過ごせるように,これからもあいさつを大切にしていきましょう。

 明日からいよいよ夏休みです。長いお休みですが、不思議なことにあっという間に終わってしまいませんか? 長い夏休みをだらだらとゲームで過ごしたりしないで,普段なかなかできない自分の好きなことに思いっきりチャレンジしてみてください。明日から仙台でサッカーの合宿がある子もいるそうです。野球も表彰されましたが,スポーツに思いっきり頑張るのもいいでしょう。昆虫や恐竜、鉄道など,何でもいいので、好きなことについて調べてみるのもいいですね。読書をたくさんしてもいいです。何か一つ「この夏はこれをやったぞ!」と思えるものをつくってみてください。みんなをさらに成長させてくれると思いますよ。

 担任の先生からもお話があると思いますが、事故のないように十分注意して元気に過ごしましょう。そして、2学期の始業式には,元気いっぱいの笑顔で会いましょう。

♪♪雨続きですが,学校のひまわりもしっかりと咲きました。いよいよ夏です


13:44
2019/07/11

植物の生長 子ども達の成長

| by 管理者
 1年生が春にまいた朝顔の種が順調に育ち、たくさんのきれいな花が咲いています。2年生のミニトマトも、3年生の野菜も少しずつ収穫できるようになってきました。
 植物は、手をかけただけ、愛情を注いだだけ、立派に育つものです。そもそも種をまかなければ育ちません。水をあげなければ枯れてしまいます。きれいな朝顔の花やおいしそうな実は、子ども達が、毎朝お世話してきた成果でしょう。

  子ども達は、いつも笑顔で植物の世話をしています。自分たちが世話をした植物の生長は、やはり楽しみなのでしょう。こうした体験を通して、自然を愛する心や思いやりの心、感謝の気持ちなどが育っていくんだろうなと、子ども達の成長も少しずつ感じています。


 1学期も間のなく終わろうとしていますが、今年は「あいさつの種」もまいてみました。あいさつの大切さの授業、ハイ大会、はやいのは君だなどの活動を通して、少しずつですが気持ちの良いあいさつができる子ども達が増えてきました。「あいさつの種」も少し芽を出してきたようです。しっかり根を張って、きれいな花を咲かせられるように育てていきます。地域の中でも気持ちよくあいさつできるように、皆様にも見守っていただければと思います。
09:45
2019/06/19

本部役員会

| by 管理者
 14日(金)に本部役員会が開かれました。年間の予定にはなかったのですが、「運動会の反省をしましょう」と、お忙しい中集まってくださり活発な意見交換が行われました。
 ・運動会の準備への協力について
 ・PTA競技や係分担等について
 ・駐車場の状況ついて
 ・観客席のあり方、場所取りの状況について
などについて話し合いました。今後にに向けて
 ・観客席周辺を撮影スペースにしてはどうか
 ・前日の場所取りの方法等について
などを確認をしました。次年度の運動会に生かしていきたいと思います。
 「次は下大野小まつり、頑張りましょう」と言って解散となりました。田植え体験の時もそうでしたが、本部役員さんをはじめ保護者や地域の皆様の支えがあって、子ども達が生き生きと活動することができるということを実感しています。本当にありがたいことです。期待にこたえられるように、我々教職員も頑張っていきます。

本部役員さん達とおやじの会で作ってくれたお弁当、とってもおいしく大好評でした

22:45
2019/06/10

あいさつについて

| by 管理者
 保護者や地域の方々から「下大野小学校の子は、気持ちは優しいんだけどあいさつが苦手なんですよね。」と、時折ご指摘を受けます。保護者や子ども達に行う学校評価アンケートでも、あいさつについての評価がやや低く、本校の課題の一つとなっています。
 「元気にあいさつをしよう」と、昨年度まで学期に一度、通学班ごとに昇降口前であいさつ運動を行ってきました。当番の時には元気にあいさつができるのですが、普段の生活にまでなかなか広がりませんでした。
 そこで、子ども達もまだ落ち着かない5月のあいさつ運動はやめて、教頭先生による「あいさつの大切さ」についての授業を全クラスで行うことにしました。様々な角度からあいさつについて考え、「あいさつは先にすることが大切」ということに気づかせるようにしています。まだ全クラスは終わっていませんが、朝や帰りに自分からあいさつをしてくれる子ども達が少し増えてきたような気がします。あいさつをすると「勝った!」とばかりに小さなガッツポーズをする子や、「負けちゃったね」と苦笑いする子もいて微笑ましい気持ちになります。
 登下校等の時などに子ども達に会いましたら、ぜひ先にあいさつをしてみてください。そしてまた、その様子を何かの機会に学校にお知らせください。地域の中で気持ちの良いあいさつのできる子を、皆様と一緒に育てていけるように働きかけていこうと思っています。
*1年生は授業中の発表も元気いっぱいです。

*6年生も笑顔で元気にあいさつの練習をしていました。

17:20
2019/06/05

教職員の働き方改革

| by 管理者
 学校のブラック企業ぶりが取り上げられるようになり、教師を目指す若者が減ってきているという残念な状況にあります。教職員の働き方改革も取りざたされていますが、私たち教職員にとって一番の喜びは、子ども達の笑顔です。子ども達の笑顔のために授業や行事等の準備を惜しまず、どうしても長時間労働となってしまいます。そんな教職員にとっての働き方改革とは、単純に勤務時間を短縮することではなく、子も達と向き合う時間をいかに確保していくかということではないかと思っています。
 例えば今年度は、学年便りと家庭訪問をなくして担任の負担を軽減しました。おかげさまで、慌ただしい年度初めに子ども達に寄り添い、授業に集中することができました。負担は軽くしましたが、学年便りの代わりに学校便りやホームページを充実させていきます。週報は継続してこれまで通り次週の連絡をしています。家庭訪問につきましても、自宅の場所の確認はさせていただきましたし、必要に応じてお話をする機会も設けました。夏休みの二者面談は全家庭実施し、保護者の皆様と1学期の子ども達の様子について情報交換し、2学期からの学級経営や授業に生かしていきます。
 運動会では準備や片付けを保護者や地域の皆様にお手伝いいただいたおかげで、その分私たちは子ども達に寄り添って練習や準備に打ち込むことができました。笑顔いっぱいの運動会がその成果です。今後も、保護者や地域の皆様のご理解のもとに改善を試み、子ども達の笑顔を増やしていけるように努めていきたいと考えています。ご協力をお願いします。

23:21
2019/05/29

運動会

| by 管理者
 季節外れの猛暑となりましたが、運動会を無事に終えることができました。保護者や地域の皆様のご支援により、子ども達も我々職員も安心して練習や準備に取り組むことができました。おかげさまで、子ども達の笑顔がいっぱいの運動会となりました。ご来場いただいた方々も暑さでお疲れだったはずなのに、最後まで温かな声援を送っていただき、また、終了後のテントの片付けやゴミ拾いまでお手伝いいただき、本当にありがとうございました。
 積極的にご参加いただいた借り人競争を始めとする親子競技、白熱した綱引き、そしてご家族や地域の皆様みんなで踊った全校ジェンカ、「地域の中の下大野小学校」を実感できる運動会でもありました。今後も、地域とともに子ども達を生き生きと育てていけるよう、職員一同一丸となっていこうと決意を新たにしています。変わらぬご支援をよろしくお願いします。

11:20
2019/05/21

親子ふれあい作業

| by 管理者
 5月18日に高学年の親子ふれあい作業を実施しました。お母さん方と子ども達には除草作業を、お父さん方にはテントの設営をしていただきました。1時間ほどの作業で交通公園付近はすっかりきれいになり、必要なテントを全て設営することができました。
 こうした保護者の方々のご協力をいただくことで、子ども達は安心して運動会の練習に打ち込むことができ、我々教職員も子ども達にしっかりと向き合う時間を確保することができます。ご協力に感謝するとともに、笑顔が弾ける運動会となるように、子ども達とともに頑張っていきたいと思います。
☆親子仲良く草取りをしてくれました。

☆すっかりきれいになりました。お弁当をおいしく食べられますね。

☆テントの設営も重労働です。

☆あっという間に会場が完成です。


22:54
2019/04/11

1年生を迎える会

| by 管理者
 1年生の皆さん、今日は楽しかったですか? 皆さんと一緒に入場してくれた6年生の手は、とっても大きくて、温かい手だったでしょう? ここにいるお兄さん、お姉さんは、みんな1年生の皆さんと早く仲良くしたいと楽しみにしていました。みんなとっても温かく1年生の皆さんを見守ってくれるはずです。みんなで楽しく遊んだり、勉強したりしていきましょう。
 6年生は、1年生と手をつないでどう思いましたか? とっても小さくてかわいらしい手だったでしょう? 2年生から6年生のお兄さん、お姉さんは、1年生が安心して楽しく過ごせるように手をさしのべてあげましょうね。みんなの力で明るく元気いっぱいの下大野小学校にしていきましょう。

13:00
2019/04/09

入学式式辞

| by 管理者
 校庭の桜びらが、みなさんの入学をお祝いするかのように舞い始めました。この春の佳き日に、下大野小学校に入学されました五十三名の新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
 本日は、大変お忙しい中、
古河市市長「針谷力」様 代理 総務部参事兼契約検査課長 高橋 一哉 様
古河市議会議員 黒川 輝男 様
古河市教育委員会教育長 鈴木 章二 様 始め、多くのご来賓の方々、並びに保護者の皆様のご臨席を賜り、入学式を挙行できますこと、誠にありがたく御礼申し上げます。
 さて、今、元気に返事ができた五十三名の新入生のみなさんは、今日から下大野小学校の1年生です。皆さんを案内してくれた6年生と、今日は似顔絵で参加してくれている2年生から5年生のお兄さん、お姉さん、そして先生達も、みなさんが入学してくるのを楽しみに待っていました。
 小学生になった皆さんに、校長先生からお願いしたいことが三つあります。
一つ目は、元気なあいさつをしましょう。
「おはようございます」と大きな声であいさつをすると、自分だけでなく周りのみんなも幸せな気持ちになります。
二つ目は、本をたくさん読みましょう。本を読んで色々なことを知ると、わくわくしてきます。みんなで一緒に楽しく本を読んだり勉強したりしましょう。
三つ目は、外でたくさん遊びましょう。小学校は、心も体もぐんぐん大きくなります。ご飯をたくさん食べて、外でたくさん遊んで、丈夫な体をつくりましょう。
とってもよくお話を聞くことができましたね。明日からが楽しみです。よろしくお願いします。
 保護者の皆様、本日はお子様のご入学、誠におめでとうございます。たくさんの愛情を注いで育てられた我が子の晴れ姿を前に、感慨もひとしおのことと思います。我々教職員一同、皆様のご期待に応えられるよう全力で取り組んでまいります。また、お子様にとっての学教教育がよりよいものになるためには、学校と家庭がそれぞれの役割を果たし、互いに連携し、協力し合うことが大切です。保護者の皆様の温かいご支援・ご協力を頂きますよう、お願い申し上げます。
 結びに、本日の入学式に参列頂きました皆様に、新入生五十三名の健全なる成長を目指して力を尽くすことをお誓い申し上げまして、式辞といたします。
平成三十一年四月九日
                   古河市立下大野小学校長  矢嶋 正之


13:00
2019/04/08

始業式

| by 管理者
 校庭の桜が満開となっています。花びらが舞って、とてもきれいですね。
 さて、3月は別れの季節でしたが、4月は出会いの季節となります。ただいま紹介した6人の先生方、新しいクラスのお友達、担任の先生など、たくさんの出会いがあります。明日の入学式には53名の1年生生との出会いがあります。2年生もいよいよお兄さん、お姉さんになるんですね。みんな仲良くして、下大野小学校を笑顔で満開にしていきましょう。
 2年生、3年生、4年生、5年生、6年生のみなさん、進級おめでとうございます。どんな気持ちですか? 今朝登校してくるお友達とお話したのですが、新しい学年になってわくわくしている様子、張り切っている様子が伝わってきました。この気持ちを大切にして、それぞれの目標に向かってがんばってほしいと思います。目標を達成できるように努力して、うまくいったときの嬉しさは、遊んでいるときとは違う喜びがあります。この喜びをたくさん経験して、大きく成長していくのです。成長するというのは、大変なこともあるけど楽しいことなんですね。
 みなさん一人ひとりが、自分らしく輝いて、楽しい学校生活が送れるように、先生達も一生懸命に応援していきます。一緒に「あいさつ」「読書」「外遊び」を通して、笑顔のあふれる楽しい下大野小学校をつくっていきましょう。

13:00